ワキ脱毛でワキガが治るって本当?!

脇の脱毛をするとワキガが治るという噂を耳にしたことがあるでしょう。

 

ワキガは女性にとっては真剣な悩みで、脱毛で改善されるならこんなにうれしいことは有りませんね。でも残念ながら、ワキ脱毛をしても実際のところワキガは治りません。ワキガの治療にレーザーを使うことから来た勘違いが原因のようですね。そもそもワキガの原因は単なる脇汗ではありません。

 

ワキガはアポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン腺から出てくる汗や皮脂に細菌が繁殖して起こる症状で、普通の汗とは関係が無いのです。ワキガの特徴であるツンとした匂いは後発的な原因からくるのではなく、先天的な体質によるものだとされています。

 

ワキガの匂いと汗のにおいには違いがあるんです。ただ、わき毛があると細菌が繁殖しやすい環境をつくってしまいます。わき毛がある事で汗が付着しやすくなり、匂いの原因となっていきます。脱毛してムダ毛が無くなることにより、脇を清潔にしやすいというメリットは有ります。わき毛がなければ洗ったり拭いたりしやすいですよね。脇を清潔にすることで匂いが軽減されるかもしれません。でもそれは治ったという事にはなりませんから、ちゃんと治したいのであればワキガ治療の専門クリニックに行くことをお勧めします。脱毛に使うレーザーはあくまでもメラニン色素に反応させて毛が生えないようにしていく方法です。

 

ワキガの治療はアボクリン腺やエクリン腺を破壊して取り除く方法なので、同じようにレーザーを使っていても対象が違うのです。ただ最近の医療レーザー脱毛には脇の脱毛と同時にアボクリン腺を破壊できるものもあり、その方法であればワキガの症状を緩和することは出来るかもしれませんね。

 

あくまでも一般のレーザー脱毛ではワキガを直す事は出来ないんですよ。
反対にワキ脱毛をしたらワキガの匂いが強くなったという話も聞きます。レーザーがアポクリン腺を刺激して匂いがきつくなるという意見の様ですが、これは根拠のないお話です。

 

ワキ脱毛でワキガが治るって本当?!