どうして脱毛って1回で終わらないの?

脱毛はどうして1回で終わらないのか不思議に思う方も多いですよね。1回で終われば値段も安く済むのにと思われることでしょう。何故1回で終わらないかは毛の生える周期とふか〜い関係があるんです。身体の毛には生えては抜けていくというサイクルがあって、一度に全ての毛が生え変わるわけではないのです。

 

毛根部分で作り出された毛は、毛穴の中で伸びていき、一定期間を過ぎると脱落して生え変わります。これが毛周期と言われるもので、成長期、休止期、退行期と言う3段階に分かれています。エステやクリニックで行うレーザー脱毛やフラッシュ脱毛はこの毛周期に合わせて光を照射していき、毛の処理をするんですね。

 

そして光は表面に出てきている成長期の毛に対してだけ効果を発揮し、休止期にある毛や退行期の毛には効果がないのです。ということは1回脱毛してもそのあとに休止期にある毛が生えてきてしまうのです。しかも表面に生えいる毛は全体の20〜30%と言われていて、表に出ていない毛が70%以上もあるんですね。つまり休止期にある毛が成長期になり生えそろうのを待ってつぎの脱毛をしなければならず、これが脱毛が1回では終わらない理由というわけです。

 

毛根のすべてを処理するためには最低でも6回は照射が必要です。通常のサロンでは同じ部位を施術するのに間隔を2か月ほど開けて行い、それを何回か繰り返してやっと脱毛効果が得られ、自己処理の必要がなくなっていきます。毛周期は脱毛する部位によって違いがあって毛の量や肌の状態によっても回数は違ってきます。伸び方が違えば当然施術の時期も違いますよね。1回施術しただけで全部をカバーすることはできないんですよ。

 

回数を減らそうと光の照射のパワーを上げると、肌トラブルの危険性も高まります。痛みも強くなり、結局脱毛が終了しないうちに通うのが嫌になる、なんてこともあり得ますね。そうなるとせっかく脱毛しようと決心したことが無駄!なんてことも・・脱毛は回数を減らすより、ゆっくりと気長に行う方が良いですよ。

 

どうして脱毛って1回で終わらないの?