日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

日焼けした肌に脱毛していいのかどうかは大変気になるところですよね。はっきり言って脱毛する際に日焼けはNGなんですよ。エステサロンやクリニックでの脱毛には年に数回通う必要がありますし、効果を感じるまでに最低6回は通わなければいけません。

 

その間に夏の季節がやってきますよね。脇の下などはあまり日焼けしないので問題は少ないのですが、ひざ下やひじ下、ビキニラインの脱毛は日焼けした後には避けた方が良い部位だと言えます。脱毛を始めるタイミングとしては夏直前と言うのは一番悪いタイミングと言えますね。

 

エステサロンやクリニックの脱毛方法は殆どのところが光(レーザー)を使用します。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はメラニン色素に反応して毛根に働きかけ脱毛する仕組みなのですが、肌が黒かったり日焼けしている場合には肌の黒さに先に反応してしまい、毛根まで届かないことがあるんです。そうすると脱毛に効果が無いという結果になってしまう場合もあるんです。せっかく脱毛するのに効果がないのでは意味がありませんよね。そしてもう一つ、日焼けした肌は乾燥状態になっています。とても敏感になっているためいつも以上に痛みを感じてしまうのです。日焼けした肌でお風呂に入り、いつものボディタオルを使ったら痛くて洗えなかった、なんて経験されたことありませんか?あの状態ですね。また日焼けした肌に更にレーザーを当てることで火傷を起こしてしまう場合もあるんです。

 

日焼けも一種のやけどで、火傷状態の肌にさらに光を当てればどうなるかは想像がつくことでしょう。火傷の状態が広範囲に広がってしまうと治った後にシミが広範囲に残ってしまう可能性も有ります。キレイになりたくて脱毛するのに、結果シミが残ってしまったなんてことにはなりたくありませんよね。

 

そんなことにならないように日焼けした肌に脱毛はやめたほうが賢明です。エステやクリニックで脱毛するのであれば、来年を見据えて日焼けする前に早めに脱毛した方が良いですね。

 

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?